東映アニメオンデマンドの評判&口コミを徹底リサーチ | 見放題は作品数が少なくコスパ悪い

東映アニメオンデマンドの評判&口コミを徹底リサーチ | 見放題は作品数が少なくコスパ悪い 動画配信サービス

東映アニメオンデマンドは、設立から70年以上続くアニメ制作の老舗会社「東映アニメーション」が公式に提供しているアニメ系動画配信サービスです。

このような方に向けて、東映アニメオンデマンドの口コミ・評判を紹介していきます

この記事で分かることは、次の3つです。

  • 東映アニメオンデマンド利用者のリアルな口コミ・私の感想
  • 東映アニメオンデマンドではどんな作品が配信されているのか
  • 東映アニメオンデマンドはどんな人ならお得に楽しめるか

ぜひ参考にしてみてください!

東映アニメオンデマンドの基本情報

料金プランとサービス概要

東映アニメオンデマンド
料金レンタル:110円~
見放題:月額1,045円
無料お試し期間なし
作品数非公開(見放題は5~10作品程度)
力を入れているジャンル・東映のアニメ
・比較的古いアニメ
最高画質SD
動画ダウンロードなし
有料レンタルあり

東映アニメオンデマンドはその名の通り、東映アニメーションの作品を中心に配信しているサービスです。

見放題は作品数が5~10個くらいしかなく、毎月視聴できる作品が入れ替わります。

そのため、他のサービスと比べて見放題のコスパがかなり悪く、基本的にはレンタルが中心。

また機能面も他のサービスと比べて劣っているというデメリットがあります。

しかし東映アニメオンデマンドは、他のサービスで扱っていない作品を配信しているという最大のメリットがあります。

そのため、意外にも利用者は多く評判も良いんです。

東映アニメオンデマンドの6つの特徴

  1. 東映アニメ作品が月額1,045円で見放題
  2. 1本110円からのレンタル配信も
  3. マルチデバイスに対応
  4. DVD相当の画質に対応
  5. ストリーミング再生のみ対応(ダウンロード機能なし)
  6. WEBサイトのみでアプリ配信はナシ

① 東映アニメ作品が月額1,045円で見放題

東映アニメオンデマンドの見放題プランは、月額1,045円(税込み)の定額で、東映アニメの多くが見放題となります。

見放題プランの配信作品は、ラインナップが毎月変わるのが特徴的。

例として2020年8月は9タイトルの動画が見放題。配信タイトルの内容は以下の通りです。

【2020年8月の見放題作品】

  • ワンピース1話〜746話
  • デジモンアドベンチャー 26話〜50話
  • ふたりはプリキュア Splash★Star 全49話
  • ビックリマン 51話〜75話
  • ゲゲゲの鬼太郎(第3作)31話〜60話
  • 大空魔竜ガイキング 全44話
  • うちの3姉妹 31話〜60話
  • 北斗の拳 1話〜57話
  • ゲッターロボG 全39話

ワンピースは現在900を超える話数が登場していますが、そのうちの746話が見放題と物凄い配信数。

もちろん、これを1ヶ月で全部視聴できるわけではありません。ワンピースに限っては先月も配信されていたため、基本はずっと見放題の対象となっているようです。

ワンピースに関しては配信終了を気にせず安心して視聴を続けていけるでしょう。

他にもデジモンアドベンチャーや初代北斗の拳など、過去の名作アニメが多数配信されており、東映作品の魅力を堪能できるラインナップとなっています。

② 1本110円からのレンタル配信も

東映アニメオンデマンドは、見放題プランのサービスと思われがちですが、基本的には都度課金でレンタル配信を視聴するのもメインのサービスとなっています。

一本最低で110円から2日間のレンタルが可能。東映アニメーションが制作した歴史的な名作から、放送中の最新アニメまでが購入可能。

プリキュアシリーズを例にすると、過去の名作はもちろん、昨年末まで放送されていたプリキュアシリーズ「スター★トゥインクルプリキュア」まで歴代のプリキュアが勢ぞろい。

劇場版のプリキュア作品も配信されているなど、ファンには嬉しいラインナップです。もちろん、多くは1本110円と安価な上、「複数話セット」などのまとめ買いのお得パックの配信もあり。シリーズを一気見したい人にはおすすめです。

このように、東映アニメオンデマンドは、見放題パックレンタル配信が両立するサービスとなっています。

③ マルチデバイスに対応

東映アニメオンデマンドでは、スマートフォン・タブレット・PCでの視聴ができるマルチデバイスに対応。

会員登録したIDでログインすれば、複数のデバイスを使い分けて視聴可能です。外出先や旅先ではスマートフォン。自宅ではPCの大画面でといった具合に、状況に応じた使い分けが可能となっていて便利です。

ですがAmazon Fire TV Stickなどのセットトップボックス(STB)には対応していない模様。

公式サイトの動作環境ページを調べましたが、テレビ出力・STBでの視聴に関する記述がありましせでしたので、おそらく非対応と思われます。

動作環境についての質問|東映アニメオンデマンド

スマートフォンが利用できるため、HDMI接続でテレビに出力することは理論上可能ではあると思われますが、公式サイトに推奨環境としての記載がないため、やってみてどうかというところです。

④ DVD相当の画質に対応

東映アニメオンデマンドで配信されている動画の画質は平均的にDVD画質程度とされています。

「最大2Mbps~3Mbpsのファイルを配信しています(DVD画質)」

引用:よくある質問|東映アニメオンデマンド

DVD画質=SD画質=Standard Definition(標準解像度)=480pとなります。

4KやBlu-rayほどの画質はないものの、スマートフォンやPCでの視聴に関しては粗さは目立たない十分な画質と言えるでしょう。

むしろ、通信量が多くなればなるほど、動画が重たくなり、より高速で高品質な通信環境でないとフリーズしてしまうことも多々あるため、DVD画質程度がスマホ・タブレットでの視聴には最も適しているとも言えます。

⑤ ストリーミング再生のみ対応(ダウンロード機能なし)

東映アニメオンデマンドでの配信動画はすべて「ストリーミング再生」で視聴するもの。

ダウンロード機能には対応していません。視聴の際は必ず通信が発生するため、できるのなら安定したWi-Fi環境で視聴するのがおすすめです。

ただし、前述したように画質が最高でもSD画質となっているため、4K映像やフルHDの映像を再生するよりは通信量が多く発生することはないでしょう。

とはいえ、通信量超過による速度制限の不安はつきまとうため、Wi-Fi環境があれば積極的に接続した状態でコンテンツを楽しんでいくのがお得に利用するコツとなります。

⑥ WEBサイトのみでアプリ配信はナシ

公式のWEBサイトへログインして視聴する東映アニメオンデマンドは、アプリ配信はないようです。

公式サイトでもアプリに関する記載はなく、AppStoreやGoogleplay Storeで検索しましたが、「東映アニメオンデマンド」アプリというものはありませんでした。

 

東映アニメオンデマンドの評判・口コミ

良い評判

  1. 他の動画サービスで配信されていない作品がたくさんある
  2. レンタル料金が結構安い

① 他の動画サービスで配信されていない作品がたくさんある

※現在は会員にならなくても検索はできます。

このように、「どこを探しても見つからない作品が東映アニメオンデマンドにあった!」というケースが多いようですね。

特に東映アニメーションが作っているアニメは独占放送していることもよくあります。

この場合は良い悪いは関係なく、もう東映アニメ一択になってしまうんですよね

できれば定額見放題を使いたいところですが、それができない場合に東映アニメで格安レンタルするという使い方が良いかなと思います。

あとは見逃した作品をレンタルするという方もいました。

② レンタル料金が結構安い

東映アニメオンデマンドのレンタル料金は110円~です。

また、全話まとめパックというものを購入することができ、この場合はさらに割安でレンタルが可能

例えば「ダイの大冒険」というアニメは以下のようなレンタル方法が可能です。

 料金期限
1話ごと110円2日
5話セット440円7日
全話セット(46話)3,542円30日

全話セットでレンタルすると、1話当たり77円で視聴することができます。

悪い評判

  1. 見放題作品の数が少なすぎる(コスパが悪い)
  2. UIが良くない、サイトが使いづらい
  3. 画質が悪い
  4. ダウンロード機能が無い

① 見放題作品の数が少なすぎる(コスパが悪い)

東映アニメオンデマンドは見放題の作品数がかなり少ないです。

5~10作品が見放題になり、毎月作品が入れ替わるという仕組み

作品数が少ないのに料金が1,045円もかかるので、コスパはかなり悪いという口コミが多かったです。

ちなみに、2020年6月の時点では次の9つが見放題になっています。

  • ワンピース(1~746話)
  • デジモンアドベンチャー(26~54話)
  • ふたりはプリキュア
  • 出ましたっ!パワパフガールズZ(1~26話)
  • ゲゲゲの鬼太郎(26~45話)
  • UFOボグレンダイザー(27~74話)
  • 銀河鉄道999(58~113話)
  • ひみつのアッコちゃん(31~61話)
  • 宇宙大帝ゴッドシグマ

まあ1カ月で↑の全部を見ることはできないので、時間を余らせてしまうことは無いと思います。

ただ、好きな作品の中から見たいものを選ぶことができないので、ラインナップをあらかじめ確認して見たいものがあれば入会するというのがおすすめです。

(ラインナップは来月の分まで見ることができます。)

東映アニメオンデマンドでしか見られない作品が見放題に入っていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

② UIが良くない、サイトが使いづらい

東映アニメオンデマンドはサイトが使いづらいという口コミがありました。

これは私も同感です。

  • 作品を探しづらい
  • アプリがない
  • サイトが重い

など、ちょっと不便なところが多いんですよね。

あまり力を入れていない印象です。

③ 画質が悪い

東映アニメオンデマンドは最高画質がSDとなっています。

アメリア

SDっていうのは、DVDと同じ標準画質のことだね。

今の時代はほとんどの動画配信サービスがHD(ハイビジョン)以上の画質に対応しています。

その点、東映アニメは少し遅れているなと思いました。

同じアニメが他のサービスにある場合は、そっちを使った方がきれいな画面で見ることができます。

④ ダウンロード機能が無い

東映アニメオンデマンドはダウンロード機能が付いていません。

これが不便という意見が多かったです。

外でもアニメを見る方だと、通信量が気になりますよね。

ダウンロード機能(オフライン再生)が付いているサービスなら家の光回線で落としていくこともできますが、東映アニメではそういったことができません。

東映アニメオンデマンドを実際に使用した感想レビュー

私の感想としては、東映アニメオンデマンドは最初に検討するサービスではないかなと思いました。

やっぱり今の時代はレンタルするよりも見放題サービスを使った方がコスパが高いです。

レンタル3~5話分くらいの料金で、1カ月間好きなだけ見放題なわけですからね。

なので、見たいアニメがある場合は

  1. まずは他の動画配信サービスを検討
  2. ↑のサービスに無ければ東映アニメオンデマンドの見放題コーナーを見てみる
  3. それでもなければレンタル

というのが良いと思います。

機能面もデメリットが多いですし、東映アニメオンデマンドは最後の手段として使うのがいいかなと思いました。

見たい作品が東映アニメオンデマンドで配信されているか確認してみよう

東映アニメオンデマンドはアプリが無いので、公式サイトから作品検索をしてみましょう。

サイトにアクセスしたら下にスクロールしていきます。

一番最後の方に検索窓があるので、そこに作品名(の一部)を打ち込みます。

取り扱いがあれば検索にヒットするので、作品名を選択しましょう。

このときに「見放題」という記載があれば、見放題で配信されている作品ということになります。

東映アニメオンデマンドの作品検索結果

東映アニメオンデマンドのメリット・デメリット

メリット

まずは東映アニメオンデマンドのメリットからご紹介します。

先に内容をピックアップすると以下のようになります。

  1. 東映作品に特化した作品を堪能できる
  2. 月額1,045円で1ヶ月約1,000本が見放題
  3. 1本110円からのレンタルで東映作品を網羅
  4. マルチデバイス対応で場所を選ばず楽しめる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

① 東映作品に特化した作品を堪能できる

東映アニメオンデマンドは何と言っても、東映アニメーションが制作したあらゆる名作が視聴できる点が1番の魅力です。

  • ワンピース
  • プリキュア歴代シリーズ
  • おジャ魔女どれみシリーズ
  • デジモンアドベンチャー

などの休日朝の枠で地上波放送されてきた国民的アニメシリーズの多くが配信されており、小さなお子さんから学生などの若い世代が満足できる作品がずらりと並びます。

また、下記のような1970年代から80年代を代表する懐かしの超名作アニメも多数配信。

  • ゲッターロボ
  • 北斗の拳
  • タイガーマスク
  • 超電磁マシーンボルテスV

このように大人から子供まで幅広い年齢層を取り込める多彩なジャンルのアニメが視聴でき、東映アニメファンとしては見過ごせないラインナップとなっています。

② 月額1,045円で1ヶ月約1,000本が見放題

東映アニメオンデマンドでは、月額料金1,045円(税込み)の見放題プランが提供されています。

見放題プランで視聴できる作品は概ね9タイトルで約1,000本の動画数です。(2021年ラインナップ調べ)

配信作品は入れ替わりで毎月異なっていて、毎月新しく見放題できる作品が変わる楽しみもあります。

1,000本もの動画は1ヶ月ではなかなか見尽くすことが難しいほどのコンテンツ量を誇ります。

しかも毎月入れ替わりで新たに見放題作品が変わっていくので、視聴するのに飽きが来ないのが特徴的です。

東映アニメ好きの方にとっては、たくさんのコンテンツを安価で見れる大きなメリットと言えるでしょう。

③ 1本110円からのレンタルで東映作品を網羅

東映アニメオンデマンドでは、月額で楽しめる見放題プランがあるほかにも1本単品でのレンタル配信もされています。

単品での購入はもちろん、数話のパック販売もされており、まとめて購入すると割安になってさらにお得。一気見したい人におすすめのレンタル配信となっています。

見放題プランでは配信されていない作品も、レンタル配信でなら視聴できるという作品が多く、見放題プランとレンタル購入を掛け合わせることで、東映作品では見られないものはないというほどの豊富な作品網羅的に楽しむことが可能となっています。

④ マルチデバイス対応で場所を選ばず楽しめる

東映アニメオンデマンドはマルチデバイスにも対応。

スマートフォン、タブレットはiOS、Androidともに利用可能で、さらにWindows、MacのPC環境でも視聴可能です。

基本的にはブラウザから視聴するというのがメインの使い方で、スマホとPCを使い分けることができます。

自宅のPCを使い、大画面で視聴することもできれば、通勤中や旅行先などの外出時にはスマートフォン・タブレットが大活躍します。

このように状況に応じて端末を使い分けることができるため、場所を選ばずに東映作品を心行くまで楽しむことができるようになっているのも大きなメリットです。

デメリット

メリットがたくさんある東映アニメオンデマンドですが、残念ながらデメリットも複数確認できました。

悪い点もしっかり知っておくことで、自身に合う動画配信サービスかどうかを見極めることができますので、ぜひデメリットについても把握してみてください。

① 月額料金は決して安い部類ではない

東映アニメオンデマンドの月額料金は1,045円でリーズナブルだと先にお伝えしましたが、他社と比べてみると、案外激安というわけではありません。

動画サービス月額料金(税込)配信本数(レンタル含む)
東映アニメオンデマンド見放題パック1,045円非公開(約1,000本が見放題)
dアニメストア440円約60,000本
アニメ放題440円約50,000本
ディズニーデラックス770円非公開(推定700タイトル)
あにてれ770円約10,000本
バンダイチャンネル1,100円約65,000本

同じくアニメ系の動画サービスのなかでは、dアニメストアをはじめ440円で見放題というサービスもあります。

より安いサービスを利用したいという方にとっては、東映アニメオンデマンドの月額料金は少し重荷に感じることもあるかもしれません。

② 月ごとに入れ替わる見放題作品は見逃す可能性あり

東映アニメオンデマンドの見放題プランは、月ごとに作品が入れ替わるのが特徴です。

毎月いろんな作品に変わって楽しめるというメリットがある反面。期間を逃すと見逃してしまうリスクもあります。

毎日アニメを何本も視聴できないという人にとっては特に、作品を見逃してしまう危険性があるというデメリットにもなり得るので注意が必要です。

③ アプリ配信がないため、都度ログインが面倒

東映アニメオンデマンドはブラウザで視聴する使い方となっていて、アプリが配信されていません。

アプリなら一度アカウントでログインすれば、以降再ログインする機会が少なくて済み、面倒なログイン操作を省くことができますが、ブラウザではそれが叶いません。

都度ログインすることを避けたい場合は、ブラウザに東映アニメオンデマンドのID・パスワードを記憶させたりするような別途設定が必要になります。

いずれにしても、少々面倒な作業が加わるのが難点です。

④ フルHD・4Kは非対応。圧倒的な高画質には期待できない

東映アニメオンデマンドの配信作品の画質は最高でDVD画質(SD画質)となっています。

Blu-ray相当であるHDやフルHD、また4K画質といった超高品質映像には対応していません。

普段から高画質の映像に慣れてしまっている人にとっては、SD画質がとてもチープに感じてしまうこともあるかもしれません。

始めから高画質映像を期待して登録すると、後に後悔することなるでしょう。

⑤ ダウンロード機能非対応のため、通信量の使い過ぎが心配

全作品がストリーミング再生のみの対応となっている東映アニメオンデマンドは、動画のダウンロード視聴に対応していません。

そのため、通信量の使い過ぎを常に気を付けていなければならないのがデメリット。

スマホでモバイル通信を使った視聴を普段している方は特に、通信量超過による速度制限に気を配っていないと、肝心な時にネット回線が遅くて使い物にならなくなってしまいます。

⑥ STBには非対応。自宅の大画面テレビでは楽しめない

マルチデバイス対応している東映アニメオンデマンドですが、使える端末はスマートフォン・タブレット・PCの3種類。

残念ながら Fire TVやAppleTVといったセットトップボックス(STB)機器には対応していません。

STBを利用したテレビ出力による大画面スクリーンでの視聴を希望していた方にとっては不満足な仕様と言わざるを得ません。

⑦ クレジットカードを持たない人は見放題プランの契約NG

東映アニメオンデマンドではクレジットカード決済とWebMoney決済の2種類に対応していますが、見放題プランの場合はクレジットカード決済のみに対応となっていて、WebMoneyでの決済は利用できません。

クレジットカードを持っていない学生の方などは、親御さんの同意を得てクレジットカードを作ったり、あるいは親御さんのカードを借りて登録する必要性が出てきてしまいます。

決済手段の少なさも、東映アニメオンデマンドのデメリットの一つです。

東映アニメオンデマンドはどんな人におすすめ

以上が東映アニメオンデマンドの口コミ・メリット・デメリットです。

このサービスがおすすめな人とそうでない人をまとめてみました。

東映アニメオンデマンドをおすすめしないのはこんな人

東映アニメオンデマンドをおすすめしないのは次のような方です。

  • 見たい作品が他のサービスで配信されている
  • レンタルよりも見放題の方が良い
  • 色々な作品の中から好きなものを選んで見たい
  • できるだけ綺麗な画質で見たい

このような方は東映アニメオンデマンドは合わないと思います。

アニメに特化したい放題サービスだと、私の一押しはdアニメストアです

作品数がかなり豊富なので、だいたいのアニメはdアニメストアにあります。

月額料金が400円と格安なうえに、31日間の無料お試しもできるのでぜひ一度使ってみてください!

東映アニメオンデマンドをおすすめするのはこんな人

次に、東映アニメオンデマンドがおすすめなのは次のような方です。

  • 他の動画配信サービスにない作品をレンタルしたい
  • 見放題のラインナップに自分が見たい作品が入っている

東映アニメオンデマンドは、他の動画配信サービスにない作品をレンタルするというのが最も良い使い方です。

いったんdアニメストアを見てみて、それでもなければ東映アニメオンデマンドを検討してみてください!

東映アニメーションのおすすめアニメ!

最後に、東映アニメーションが作っているアニメの中で、個人的におすすめなものをいくつか紹介します。

  • スラムダンク
  • セーラームーン
  • ドラゴンボール
  • ドラゴンクエスト ダイの大冒険
  • 冒険王ビィト
  • 金色のガッシュベル
  • 明日のナージャ
  • イリヤの空

コメント

タイトルとURLをコピーしました