動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法【おすすめデバイスも紹介】

動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法【おすすめデバイスも紹介】 動画配信サービス
  • 動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法
  • 動画配信サービスをテレビで見るおすすめデバイス
  • 動画配信サービスをテレビで見るときに必要なもの

動画配信サービスをテレビの大画面で楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法

動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法
出典:O-DAN

対応するデバイスを使うだけで、誰でも簡単に動画配信サービスをテレビで見ることができます。

その中でも、代表的なデバイスとして以下の5つが挙げられます。

  • 「Fire TV Stick」
  • 「Chromecast」
  • 「Androidテレビ」
  • 「据え置きゲーム機」
  • 「HDMI変換ケーブル」

それでは、動画配信サービスをテレビで見る方法について、1つずつ紹介していきます。

【テレビで見る方法①】Fire TV Stickを使う

【Fire TV Stickとは】
Amazonが販売しているリモコン操作型のストリーミング端末

テレビに接続するだけで、動画配信サービスを大画面で楽しむことができます。

そんなFire TV Stickには、通常タイプと4Kタイプの2種類が販売されています。

それぞれの基本情報は、下記の通りです。

Fire TV Stickの基本情報
 基本情報
通常タイプ4Kタイプ
価格(税込)4,980円6,980円
映像最大1080p(HD)4K
操作方法リモコン操作

安さを求めるなら通常タイプ、画質を求めるなら4Kタイプを選びましょう。

Fire TV Stickのメリット

  • 価格が比較的安い
  • Alexaに対応している
  • 高画質、高音質で動画を楽しめる
  • インターネットを利用できる

Fire TV Stickのメリットは、上記の通りです。

Fire TV Stickは、リモコン操作で快適に動画を楽しむことができます。

価格も比較的安いので、コスパの良いデバイスと言えるでしょう。

Fire TV Stickのデメリット

  • 文字検索時の入力に手間がかかる
  • 利用環境によって操作が遅くなることがある

Fire TV Stickのデメリットは、上記の通りです。

Fire TV Stick最大のデメリットは、文字検索時の入力に手間がかかるところ。

長いタイトルを検索するときにストレスがかかります。

ただ、見たい動画のタイトルさえ分かれば、音声入力で快適に入力できます。

【テレビで見る方法②】Chromecastを使う

【Chromecastとは】
Googleが販売しているスマホ操作型のストリーミング端末

こちらもテレビに接続するだけで、動画配信サービスを大画面で楽しむことができます。

そんなChromecastには、2Kタイプと4Kタイプの2種類が販売されています。

それぞれの基本情報は、下記の通りです。

Fire TV Stickの基本情報
 基本情報
2Kタイプ4Kタイプ
価格(税込)5,073円17,580円
映像2K4K
操作方法スマホ操作

一般的には、2Kタイプでも十分すぎるくらい動画を大画面で楽しめます。

しかし、それ以上のレベルを求める場合は4Kタイプを選びましょう。

Chromecastのメリット

  • 価格が安い
  • スマホ操作で快適に利用できる
  • 高画質、高音質で動画を楽しめる
  • 動画配信サービスの再生以外の使い道がある

Chromecastのメリットは、上記の通りです。

Chromecast最大のメリットは、スマホで操作するところ。

今まで通りの操作感で利用できるので、かなり快適に楽しむことができます。

Chromecastのデメリット

  • 再生やスキップなどの操作感が若干重い
  • Bluetoothが接続できない

Chromecastのデメリットは、上記の通りです。

スマホから遠隔操作するため、1~2秒間のラグが発生してしまいます。

テレビのような反応の早さは出せないので、注意しましょう。

【補足コメント】

正規品とは別の類似品が多く販売されています。

しかし、操作感はあまり変わらないので、そこまで気にしなくてもOKです。

【テレビで見る方法③】Androidテレビを使う

【Androidテレビとは】
インターネットが利用できるテレビのこと。

Androidテレビの特徴は、他の視聴方法とは違って別途機械を用意する必要がないところ。

設定など細かいことをしなくても、動画配信サービスを大画面で楽しむことができます。

ただ、どのAndroidテレビでも動画配信サービスを利用できるわけではありません。

下記の表から分かる通り、メーカーごとのに対応している動画配信サービスは決まっているのです。

各メーカーの対応表
 動画配信サービス
U-NEXTHuluNetflixAmazonプライムビデオdTV
シャープ
パナソニック
ソニー
東芝
日立
LG

上記の表を見ると、日立とLGは対応していない動画配信サービスが少しありますね。

なので購入するときは、利用する動画配信サービスの対応メーカーを調べてからにしましょう。

Androidテレビのメリット

  • 高画質、高音質で動画を楽しめる
  • 面倒な設定がない
  • 見た目がスッキリする

Androidテレビのメリットは、上記の通りです。

Androidテレビは、とにかく画質と音質の良さがポイント。

見た目もスッキリしているので、綺麗な部屋を目指している人におすすめの視聴方法です。

Androidテレビのデメリット

  • 価格が高い
  • 検索時の入力に手間がかかる
  • 視聴できないメーカーがある

Androidテレビのデメリットは、上記の通りです。

Androidテレビ最大のデメリットは、価格が高いところ。

最低でも5万円ほどかかるので、ある程度の出費は覚悟しましょう。

【テレビで見る方法④】据え置きゲーム機を使う

据え置きゲーム機でも、動画配信サービスをテレビで見ることができます。

ただ、動画配信サービスに対応している据え置きゲーム機は5つのみ。

しかも、視聴できる動画配信サービスも限定されています。

対応ゲーム機器と視聴できる動画配信サービスは、このようになっています。

対応ゲーム機器と視聴できる動画配信サービス
 動画配信サービス
U-NEXTHuluNetflixAmazonプライムビデオDMM 見放題chライト
PS3/PS4
PlayStation VITA
WiiU
Wii
XBOXONE

据え置きゲーム機で動画配信サービスを見たい場合は、PS3かPS4がおすすめです。

据え置きゲーム機のメリット

  • 動画とゲームを楽しめる
  • ゲーム機本体だけで動画を楽しめる
  • 高画質、高画質で楽しめる

据え置きゲーム機を使うメリットは、上記の通りです。

据え置きゲーム機にしかないポイントは、やはり動画とゲームを楽しめるところ。

元々対応ゲーム機を持っている人は別途費用はかからないところも魅力的です。

据え置きゲーム機のデメリット

  • 視聴できる動画配信サービスが少ない
  • 対応している据え置きゲーム機が少ない
  • 価格が高い
  • 操作性が悪い

据え置きゲーム機を使うデメリットは、上記の通りです。

正直、据え置きゲーム機は動画配信サービスの視聴には向いていません。

なぜなら、価格が高く、コントローラーの操作性もかなり悪いから。

動画配信サービスをテレビで見る目的で購入するのは、絶対にやめておきましょう。

【テレビで見る方法⑤】HDMI変換ケーブルを使う

【HDMI変換ケーブルとは】
テレビとデバイスを繋げるようにするケーブルのこと。

HDMI変換ケーブルを使ってテレビとデバイスを接続するだけで、動画配信サービスをテレビで見ることができます。

また、接続するデバイスはスマホだけでなくパソコンでもOK。

あなたが日頃使っているデバイスで動画配信サービスを楽しみましょう。

HDMI変換ケーブルのメリット

  • 価格がかなり安い
  • 接続方法が簡単
  • 動画の再生以外の使い道がある

HDMI変換ケーブルを使うメリットは、上記の通りです。

HDMI変換ケーブルの魅力は、とにかく価格が安いところ。

最安値で1,000円ほどなので、かなりコスパが良い視聴方法です。

HDMI変換ケーブルのデメリット

  • 使用している間はデバイスが使えない
  • 画質と音質が悪い
  • ケーブルの長さまでしか接続できない

HDMI変換ケーブルを使うデメリットは、上記の通りです。

HDMI変換ケーブルは、なにかと使い勝手が悪いデメリットがあります。

動画配信サービスをテレビで見るために購入するのは、あまりおすすめしません。

動画配信サービスをテレビで見るおすすめデバイス

動画配信サービスをテレビで見るおすすめデバイス
出典:O-DAN
  • Fire TV Stick
  • Chromecast

動画配信サービスをテレビで見るおすすめデバイスは、上記の2つ。

リモコン操作が良いなら「Fire TV Stick」、スマホ操作が良いなら「Chromecast」を選びましょう。

2つのデバイスをおすすめする理由

  • 購入しやすい価格だから
  • 色々な動画配信サービスを視聴できるから
  • 設定方法が比較的楽だから

2つのデバイスをおすすめする理由は、上記の通りです。

要するに、「他の視聴方法より使い勝手が良いから」ということ。

どちらもおすすめできるので、好きなデバイスを選びましょう。

Fire TV Stickで楽しめる動画配信サービス

Fire TV Stickで楽しめる動画配信サービスは、約100種類以上。

有名な動画配信サービスはほとんどテレビで楽しむことができます。

具体例として、Fire TV Stickで楽しめる代表的な動画配信サービスを5つほど紹介します。

 Fire TV Stickで楽しめる動画配信サービス

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • YouTube
  • DAZN
  • dアニメストア

他にも、クランクインビデオなどのアプリがない動画配信サービスでもテレビで見ることができます。

詳しいことは、こちらの『Fire TV Stick公式サイト』を参考にしてください。

Chromecastで楽しめる動画配信サービス

Chromecastで楽しめる動画配信サービスは、約100種類以上。

ほとんどの動画配信サービスをテレビで楽しむことができます。

具体例として、Chromecastで楽しめる代表的な動画配信サービスを5つほど紹介します。

 Chromecastで楽しめる動画配信サービス

  • Amazonプライムビデオ
  • U-NEXT
  • YouTube
  • バンダイCHANNEL
  • あにてれ

Chromecastの場合は、アプリがある動画配信サービスじゃないとテレビで見ることができないので、注意しましょう。

詳しいことは、こちらの『Chromecast公式サイト』を参考にしてください。

動画配信サービスをテレビで見るときに必要なもの

動画配信サービスをテレビで見るときに必要なもの
出典:O-DAN

先ほど紹介したいデバイスだけでは、動画配信サービスをテレビで見ることはできません。

デバイス以外にも、下記の2つを用意する必要があります。

  • HDMI端子のあるテレビ
  • Wi-Fi環境

この2つは動画配信サービスをテレビで見るために必須なので、しっかり用意しておきましょう。

それでは、動画配信サービスをテレビで見るために必須なものについて、説明していきます。

①HDMI端子のあるテレビ

【HDMI端子とは】
凸型の挿し込み口のこと。

具体例を挙げるなら、「任天堂switchをテレビで遊ぶときに使う挿し込み口」がHDMI端子です。

どのデバイスもHDMI端子を使うので、自宅のテレビにHDMI端子があるか確認しましょう。

ただ、使っているテレビによっては「挿し込み口が足らない、HDMI端子が付いていない」という場合があります。

そんなときは、以下のような機械を使いましょう。

これを使えば、HDMI端子に変換したり、HDMI端子の数を増やしたりできますよ。

②Wi-Fi環境

HDMI端子のあるテレビの他にも、Wi-Fi環境を整える必要があります。

Wi-Fi環境を整える方法は、全部で3つあります。

Wi-Fi環境を整える方法
 特徴月額料金準備期間
①光回線通信速度が速い安定した通信工事が必要約6,000円約3ヵ月間
②ホームルーター通信速度は普通工事不要約4,000円約1週間
③モバイルWi-Fi通信速度はやや遅い工事不要外出先でも利用できる約3,000円約1日間

基本的には、通信速度が安定しつつ速い光回線がおすすめです。

ただ、1人暮らしをしている場合は別です。

工事や解約などに手間がかかるので、他の方法を選びましょう。

まとめ

まとめ
出典:O-DAN

今回は、動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法について紹介しました。

本記事の内容をまとめると、こんな感じになります。

  • 動画配信サービスをテレビで見る代表的な方法は全部で5つ
  • テレビで見るおすすめの方法は2つ。
  • ①「Fire TV Stick」:リモコン操作が好きな人におすすめ
  • ②「Chromecast」:スマホ操作が好きな人におすすめ
  • 動画配信サービスをテレビで見るときはHDMI端子とWi-Fiが必要

コメント

タイトルとURLをコピーしました