MENU

Amazonで注文履歴など個人情報流出騒動が発覚!自分の被害を確認する方法は?

スポンサードリンク



Amazonにて注文履歴や住所、クレジットカード番号の下4桁などの個人情報が誰でも閲覧可能な状態であったという不具合が話題となっています。

その後のAmazonの対応に批判も続出している模様。

そしてこのニュースを見て最初に思ったのが、自分の情報は大丈夫だったのかな・・・という不安です。

調べてみたところ自分の情報が漏洩していたかどうかは、どうやらAmazonからメールが来ているかをチェックすればいいようですね。
詳しくは記事本文で解説していきます。

目次

Amazon注文履歴など個人情報流出騒動の経緯

2019年9月26日から27日にかけて、Amazonのサイトやアプリにて注文履歴を閲覧した際に他人の注文履歴が見れてしまうことがあったようです。

注文履歴の他にも「氏名」「住所」「クレジットカード番号の下4桁」まで閲覧可能な状態にあったようで、完全に個人情報の流出・漏洩ですね。

しかしAmazon側はこの騒動について、公に告知などしていないことなどから、対応に誠実さがないと批判の声が多く挙がっています。

履歴だけじゃなくて、住所氏名も流出したのかよ…。なのにこの事実を告知しないのはダメだろ。問い合わせたユーザーとネットニュース見た人だけ知っている状態はアウト。→Amazonユーザーが震え上がった「注文履歴流出騒動」の恐ろしさ 解消報道後も「不誠実」と怒りの声 https://t.co/jBkiC31LZc — ジョニー (@bukuro_johnny) October 3, 2019

情報漏洩が確認されたユーザには謝罪メールが届いている模様

一番気になるのが、自分の情報が漏洩していないか被害確認できないのかということですよね。

これについては、実際に情報が流出した(他者に閲覧された)ユーザにのみ、「【重要】」という件名でメールが送られているようです。

amazonから「重要」って記載のメールきた😵9月26日未明に、注文履歴から名前、住所、欲しいものリスト、メールアドレス、ポイント残高、ギフト券番号下四桁(カード番号のこと?)が閲覧されました…ってほぼ何もかも見られてるじゃん💦ツイート検索したけど流出した人にしか届いてないっぽい、やだな😢 — doremi (@doremi_1002) October 4, 2019

Amazon側では自社システムのログを調べれば本来そのユーザしか覗けないページを、他ユーザが閲覧したかどうか分かるので、被害が確認できたユーザにのみ謝罪メールを送付しているものと思われます。

なので自分の被害を確認するために、まずはAmazonに登録しているユーザのメールアドレスを確認してみましょう。

特にAmazonからメールが届いていなければ自分の情報は流出しなかったと考えてよいと思います。

Amazon情報流出問い合わせ先

ただ、それでも安心できないという方は、Amazonに問い合わせてみましょう、
実際に何度もしつこく問い合わせして、「あなたは大丈夫でした」という明示的な回答を引き出した方もいるようです。

読者からの情報提供によると、数度にわたって問い合わせたところ「お調べしたところ、お客様の注文履歴が他人から閲覧されていません」との回答があったとのことです
出典 headlines.yahoo.co.jp

ちなみにAmazonの問い合わせフォームへのリンクは下記です。

Amazon問い合わせフォーム

まとめ

まとめると、

  • 9/26~9/27にかけてAmazonの注文履歴を始めとする、住所氏名・クレジットカード番号下4桁などが閲覧できる状況にあった
  • 他者による閲覧被害が確認されたユーザには、登録メールアドレスへAmazonから謝罪メールが送信されている
  • 実際にAmazonへ問い合わせて、自分のユーザに関しては情報流出がなかったとの回答を引き出した方もいる。(問い合わせ先

でした。

まずは素早く登録メールアドレスにAmazonからメールが届いていないか確認しましょう。

スポンサードリンク



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる